年齢肌ケアの備忘録
TOP PAGE > 保湿が十分で、潤いのある肌なら、シミの

保湿が十分で、潤いのある肌なら、シミの

保湿が十分で、潤いのある肌なら、シミのもとになるメラニン色素も増えにくくなるでしょう。お肌のうるおいが保たれていれば水分と油分は最適のバランスで保たれていて、きめが整い、肌の奥まで保護されているワケです。

しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、紫外線による肌奥部のダメージも受けにくく、シミ予防の役割も果たしています。保湿は欠かさず、乾燥を避けるように注意してお手入れしてください。とにかく朝は時間が多くないので、スキンケアに時間をたくさん取れない人も多数ではないかと考えられえます。朝における一分はとっても大切でしょうよね。でも、朝のお肌お手入れをちゃんとしていないと、げんきな肌で1日を維持が出来ません。
楽しい1日を過ごすためにも、スキンケアは、朝きちんと行ないましょう。
30歳を前に仕事の責任も増し、帰宅してメイクを落としたらすぐ寝るような生活をつづけていました。朝、洗顔して鏡を見て強烈なダメージを受けました。


その週はしっかり寝ていたはずなのにクマがとってもて、これが自分の顔かなって。。。



ショックでしたけど、同時になんだか納得しましたね。体も肌も心も、疲れを残してはダメなんです。
スキンケアにかける手間と時間を設けてハリを取り戻すための手間は惜しみなくかけていこうと思いました。こういう手間って、自分自身でしかできないですからね。


何かを食べることと、美しくなることは異なるように見えますが、実は大変近しいものですので老けないための食べ物を実現可能です。

大豆などの豆類、白ゴマなどのゴマ類、ワカメなどの海(夏といえば、必ず行くという方も多いかもしれません。紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)藻類、ニンジンなどの野菜、鯛などの魚類、シイタケなどのキノコ類、玄米などの穀物類、ジャガイモなどのイモ類、ヨーグルトなどの乳製品、野菜のうち色がくっきりしているトマトやナス、タンパク質をたくさんご飯に取り入れることでいつまでも若くいることができるためす。
スキンケアがきちんとされているかいないかで、肌の手入れの効能の差が大きく出ます。

メイクがちゃんとできるかも素肌の調子の度合いで変わってきます。お肌の調子を良い状態でキープしておくためには、お手入れをちゃんとすることが肝心ではないかと思います。



他人から見ても、肌が衰えてくる年齢ってないのですか。
美容室に勤務するお友達に言わせると「38歳がヤマ」なのだ沿うです。個人差はありますが、だいたいそのくらいになると妙に疲れやすかったり、疲労がとれにくかったりして、法令線や目元口元のゆるみが目立ってくるころだと思うのです。

それはもう明らかにアラサーとは違う感じで、例えば若い頃なら肌が荒れても疲れていても後追いでスキンケアしたり、お風呂にゆったり入るなどの工夫でシャンとしたのですが、アラフォーになってからは復活マジックの効果が薄れてきてしまい、回復するスピードより劣化するほうが早くなるのではないかと思うことも増えています。20代と今とではスキンケアの方法も変えていますが、対応しきれていないのかも知れません。



洗顔が残ったまま肌荒れになってしまうかも知れないので、すすぎ足りないことがない様にしましょう。洗顔が終わった後には、使うのは、化粧水や乳液など、保湿をちゃんと行ってください。保湿をやらないと肌が乾燥してしまい、シワが発生しやすくなるでしょう。

保湿をちゃんと行なえば、シワを造らないための予防・改善でしょう。

あとピーの方には、どんな肌手入れの方法が正解なのでしょう?ご存知かも知れませんが、あとピーの原因は完全に解き明かされていませんから、これこそが正しいというようなスキンケア法や治療法などは見つかっておりません。


ですが、あとピーを持っておられる方は、少しの刺激や体温上昇でかゆみを発症しますから、基本的には刺激を与えないことが最も大切でしょう。

お肌を摩擦刺激にさらすのは避けるべき、ということは勿論承知してはいるのですがそれなのに、ついつい力いっぱいごしごしとクレンジングやら洗顔やらを行ったり、仕上げのクリームをこれもまたぐいぐい塗ってしまったりします。

クレンジングのときには、お化粧汚れとソフトに一体化させるようなイメージで、優しく指の腹でおこなうのがよいでしょう。


何にしても、力を加減することが大切で、無駄な摩擦を避け、優しく小さな円を描くようなやり方で!それが理想です。


けれども、現実には、うっかり力を入れてケアしています。
洗顔を終わらせた、その後の10秒間は肌にとっては特別大事な時間になるでしょう。



毎日のお風呂の後、シャワーを使用してさっぱりした後、しっかり洗顔を終えた直後の肌は、例えてみれば、水をいくらでも吸い込んでしまう砂漠です。

短くて重要なこのラッキータイムに何もしない、というのはただただ勿体ないことですし、そんな大事な時に何もしないのは「肌にとって罪だ!」と言いたくなるほどです。



洗顔を終えたらすぐさま、タオルで水気をさっととって、たっぷりと肌に化粧水を与えてあげると良いでしょう。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 年齢肌ケアの備忘録 All rights reserved.